あらすじ 

 

 

自分はどこにも居場所がない「余り物」。高校1年生の広山渡は、自身の人生に対して悲観的になっていた。ある時渡は、彼に好意を寄せる同級生の大崎波香から事情を聞かれ、誠意から過去を語りだすが……

 

※劇中に震災表現および、家庭・学校内暴力の表現がございます。予めご了承ください。 

------------------------------------------------------------------------------------

 

コミカル☆☆☆☆★シリアス

時系列順☆☆☆☆★回想頻繁

抽象寄り☆☆★☆☆具象寄り

子供向け☆☆☆☆★大人向け

少年向け☆☆☆★☆青年向け

舞台装置☆☆☆☆★簡易舞台

 

その他ストーリー要素

児童相談所/養護施設/里親家庭/小学校/中学校/高等学校/事故・病気/恋愛/家族愛/東日本大震災