あらすじ 

 

 

高校1年生の広山渡は、心に孤独を抱えていた。ある時、同じクラスの大崎波香にそれを見

抜かれたことをきっかけに、自らの陰惨な生い立ちを話し出す

……

これは、居場所が欲しか

った少年の物語。

 

------------------------------------------------------------------------------------

 

 

赤子の鳴き声。

暗闇の中に浮かび上がる広山千夏。跪き、足元には赤子

。 

 

 

千夏は赤子をあやし、やがて鳴き声はやむ。 

 

 

 

 

 

広山「渡……

お父さんが言ってたの。

渡はね、余り物

なんだって。ふふ、

とおんなじ。

」 

 

 

 

 

 

広山

が赤子の首を絞める。 

 

 

 

 

 

広山「ごめんね渡、ごめんね、ごめんね

ごめんね!

!!

私も一緒だから!!」 

 

 

 

 

 

暗転。 

 

 

 

 

 

広山

が机から起き上がる

。憔悴。

隣には大崎波香が驚いた顔で見ている。 

 

 

 

 

 

渡「……」 

 

 

波香「ねえ、大丈夫?」 

 

 

渡「ああ、うん、大丈夫、ちょっと、」 

 

 

 

 

 

波香からペットボトルを受け取り、飲む。そして波香が隣にいることに気づく。 

 

 

 

 

 

渡「え!?大崎さん!?なんでうちにいるの?」 

 

 

波香「時間かかったね。峠さんが入れてくれたの。」 

 

 

渡「ええ?!」 

 

 

波香「おじさんいい人ね。彼女ですって言ったらすんなり。」 

 

 

渡「か、

彼女?!」 

 

 

 

 

 

峠清彦が奥から

顔を出す

。 

 

 

 

 

 

峠「渡、起きたか。」 

 

 

渡「峠さん、なんで入れちゃっ、」 

 

 

峠「渡、お前を見直したぞ。」 

 

 

渡「え?」 

 

 

峠「俺はな、お前が学校でいじめられてるんじゃないかと……でも無用な心配だった、あん

なに勇敢で、」 

 

 

 

 

 

峠康子の声が響く。 

 

 

 

 

「ちょっとあんたぁ!!いつまで邪魔してるつもりだい!!」 

 

 

峠「わかったよ康子ぉ!!(波香に)ごゆっくり。」 

 

 

波香「はい。」 

 

 

 

 

 

峠、去る。 

 

 

 

 

 

渡「いったい何を話したの大崎さん。」 

 

 

波香「(照れながら)私たちが初めて言葉を交わした時のことをね、」 

 

 

渡「嘘だ、教科書貸した話でああはならないよ?」 

 

 

 

 

 

車のエンジン音。そして遠ざかる。 

 

 

 

 

 

渡「え、おじさん……もしかしておばさんも?」 

 

 

 

 

 

渡、波香を振り返る。 

 

 

 

 

 

波香「やっと二人きりになれた。」 

 

 

渡「あの、その、」 

 

 

波香「えーい、」 

 

 

 

 

 

波香、渡にとびかかる。そしてくすぐる。 

 

 

 

 

 

渡「あ、ひいっ、くすぐっ、助けて、」 

 

 

 

 

 

ひとしきりくすぐられる。 

 

 

 

 

 

渡「はあ、はあ、」 

 

 

波香「ねえ渡くん、いい加減、この間の返事が聞きたいんだけど。」 

 

 

渡「……えっと、」 

 

 

波香「ダメなら、ダメでもいいよ、私、打たれ強いから。」 

 

 

渡「違う、そ、そうじゃなくてさ……僕、どうしたらいいのか……」 

 

 

波香「あ、ごめん、がっつきすぎたわ……渡くんってさ、なんか、抱えてるよね。私、結構

めんどくさい家の事情あったからさ、わかっちゃう、みたいな?」 

 

 

渡「え……」 

 

 

波香「返事のほうはいったん置いといてさ、なんか私にできること、ある?話くらいなら聞

 

 

けるけど?」 

 

 

渡「……大崎さん、」 

 

 

波香「何?」 

 

 

渡「そのうち話さなきゃいけないと思ってたんだ、僕の身の上のこと。」 

 

 

波香「うん。」 

 

 

渡「……僕、実は施設育ちなんだ。」 

 

 

波香「へえ。」 

 

 

渡「先週、前に僕を預か

ってたおじさんが亡くなってさ

……

それで、わからなくなっちゃっ

たんだ、自分の心が、ていうか

……

もやもやするんだ

……

どうやって話せばいいかな、」 

 

 

波香「最初から聞きたいな。できれば、施設に入ったところから。」 

 

 

 

 

 

渡、うなずく。 

 

 

証明変化、広山千夏と児童相談所職員の長岡勇(ナガオカ 

イサム)が登場。広山は泣きじ

ゃくり取り乱している。 

 

 

 

 

 

長岡「落ち着いてください!」 

 

 

広山「お願いします、もう自信が無いんです、今にも渡を殺してしまうかもしれないんで

」 

 

 

長岡「聞いてったら!何があったの?旦那さんはどこ?」 

 

 

広山「この子を殺したくない……」 

 

 

渡「

(

ナレ

)

広山千夏は僕の血縁上の母親だ。父親の暴力に耐えられず、夜間に児童相談所に

駆け込んできた。」 

 

 

長岡「分かった、分かったから。一時保護ね。お子さん大丈夫だから!」 

 

 

広山「私は、母親にはなれなかった……」 

 

 

長岡「ああもう、なんで俺が宿直の時に限って……」 

 

 

 

 

 

人物入れ替わる。広山千夏が去り、養護施設職員、深島修司(フカジマ 

シュウジ)が来る。